安心サポート

葬儀相談センターのご案内 葬儀相談センターのご案内

葬儀とその後の流れ

葬儀に参列をした経験がある方でも、いざご自分で行うとなると、色々とわからないことが多くあると思います。
家族葬邸宅 和では準備から葬儀後の対応までスタッフがサポートさせていただきますのでご安心ください。

葬儀の流れ

※こちらの表は横にスクロールしてご覧いただけます。

  • 1.まずは東條へ
    ご親族への連絡とともに24時間対応の安心ダイヤルへとご連絡ください。和スタッフが病院へお迎えに伺います。
  • 2.自宅(式場)へ戻ってから…
    枕飾り、喪主・親族代表の決定、寺院への依頼、葬儀の日程の決定など、すべてお手伝いしますのでご安心ください。
  • 3.枕経
    僧侶・導師様から来ていただき、お経を挙げていただきます。
  • 4.湯かん・エンバーミング
    より良いお別れのため、故人を生前の様な姿に近づける湯かんやエンバーミング(遺体衛生保全)をおすすめしています。
  • 5.納棺(着替え)
    近親者の手でご遺体を清め、お棺に収めます。故人の大切にしていた品物や思い出の服などをご用意ください。
  • 6.自宅出棺
    和へ移動します。
  • 7.通夜・葬儀の準備と確認
    スタッフが通夜・葬儀に必要なものや事項を確認し準備をします。式のリハーサルも行いますのでご安心ください。
  • 8.通夜
    夜6時〜7時頃から始められ、僧侶の読経、焼香の順で進めます。
  • 9.葬式・告別式・出棺
    和では宗派・宗教問わず、幅広い式次第に対応しております。
  • 10.お斎・法要
    お斎は、最初に喪主挨拶、寺院様のご発声で始まります。お布教は、スタッフの案内で寺院様へお渡しします。
  • 11.ご自宅へ
    スタッフが後飾り祭壇のご用意をさせていただきます。
  • 12.年忌法要手配準備
    四十九日、一回忌法要、お仏壇手配等、葬儀後の様々なサービスも承っております。

葬儀後の流れ

※こちらの表は横にスクロールしてご覧いただけます。

  • 1.挨拶回り
    お世話になられた方には式後2〜3日後に挨拶回りをされると良いでしょう。
  • 2.初七日法要・四十九日法要
    料理、引き出物の手配等、ご連絡いただければ全て手配させていただきます。
  • 3.お礼状・通知
    弔電・供物・供花・香典を書類等でいただいた方へ3週間以内にお礼状を出されると良いでしょう。
  • 4.茶の子・香典返し
    四十九日の忌明けに、挨拶状を添えて「香典返し」または「茶の子」として送ります。
  • 5.喪中
    四十九日までを忌中とし、1年が一般的に喪中となります。新年には喪中欠礼の挨拶状の準備をしましょう。

供花・供物・喪服レンタルのご案内

東條會館では生花や寄贈品のご注文、喪服のレンタルを承っております。
お申し込みはお問い合わせいただくか、お申込み用紙、または詳細ページにてご案内しておりますのでご確認ください。

生花

生花 生花
お申し込み用紙はこちら FAX送信先:0255-73-7730までお送りください。

寄贈品

寄贈品 寄贈品

喪服レンタル

喪服レンタル 喪服レンタル

宗派による違い

仏式・神式・キリスト教式と、葬儀は宗派によってその形式が異なるものです。
宗派による葬儀形式の違いなどについて解説いたします。

仏式 仏式では、四十九日を忌明けに当てています。それまでは死亡した日を入れて六日目を逮夜(たいや・忌日の前夜という意味)、七日目を初七日(しょなのか)、十四日目を二七日(ふたなのか)、三十五日目を六七日(むなのか)、四十九日目を七七日(なななのか)と呼びます。
キリスト教式 プロテスタントでは、一ヶ月日のご命日に記念式を行います。この日は牧師様の先導により聖書を読み、賛美歌を歌うことで故人を偲びます。また、カトリックでは、「ミサ聖祭」と呼ばれる追悼ミサを行い、ご逝去された日から三日目、七日目、三十日目、その後は一年ごとにミサを行います。
神式 神式では、仏式のご法事に相当する儀式を「霊祭」と呼びます。まず葬儀の翌日に「翌日祭」を行い、以後十日ごとに「十日祭」「二十日歳」「三十日祭」「四十日祭」「五十日祭(仏式の四十九日に相当する忌明けの日)」と続き、さらに一年、三年、五年、十年、二十年、三十年、四十年、五十年、百年と式年祭が行われます。
ページトップ